エンタメで行こう。
映画・演劇・テレビドラマ・サスペンス小説・・・、グッとくるエンタテインメントを追い求めて。
プロフィール

kiyo-now@エンタメ情報

Author:kiyo-now@エンタメ情報
長年の間、ドラマをつくる仕事をしていました。
現在は、番組を支援する仕事をしています。
関心事は、ドラマ、映画、演劇、小説など、
エンタテインメント全般です。



最新記事



カテゴリ



アクセスカウンター



アクセス解析

ガソリンが値引き



フリーエリア



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



フリーエリア



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スタジオジブリ初の海外作品、映画「レッドタートル ある島の物語」 人生を考える大人のアニメ
映画「レッドタートル ある島の物語」を観ました。

640_convert_20160914093943.jpg


(2016/9/17公開)

監督・脚本・原作:マイケル・デュドク・ドゥ・ビット


あらすじ:嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、九死に一生を得て無人島に漂着する。男は島からの脱出を試みるが、不思議な力で何度も島に引き戻されてしまう。そんな絶望状況の中、男の前にひとりの女が現れ…。

スタジオジブリ初の海外作家による映画製作。
短編「岸辺のふたり」(2000年)で
アカデミー短編アニメーション賞を受賞した
オランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督が、
8年かけて完成させた初長編作品。
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で
特別賞を受賞。
高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、
シナリオや絵コンテ作りなどに関わったとのこと。

81分間にわたって全編セリフなし。

無人島に漂着したひとりの男と
不思議な赤い海亀との
関わりを通して描かれる
ファンタジックな愛の物語。

哲学的ともいえる展開に、
いつしか自分の人生の様々な断片を
重ね合わせて観ている自分に気づきます。

愛、結婚、家族、子供の巣立ち、
自然災害、老い、死・・・など。

人生について考えさせられる、
大人のアニメ。

640_(2)_convert_20160914094002.jpg


 

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画