エンタメで行こう。
映画・演劇・テレビドラマ・サスペンス小説・・・、グッとくるエンタテインメントを追い求めて。
プロフィール

kiyo-now@エンタメ情報

Author:kiyo-now@エンタメ情報
長年の間、ドラマをつくる仕事をしていました。
現在は、番組を支援する仕事をしています。
関心事は、ドラマ、映画、演劇、小説など、
エンタテインメント全般です。



最新記事



カテゴリ



アクセスカウンター



アクセス解析

ガソリンが値引き



フリーエリア



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



フリーエリア



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



 阿部寛主演、映画「疾風ロンド」 疾走感のあるアクション・コメディ!
阿部寛主演、映画「疾風ロンド」を観ました。 

(2016/11/26公開)

FullSizeRender_(22)_convert_20161122231338.jpg

原作:東野圭吾
監督:吉田照幸
脚本::ハセベバクシンオー、吉田照幸
出演:阿部寛大倉忠義大島優子、ムロツヨシ、
   堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、
   野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明 他

あらすじ:大学の研究所から違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との脅迫メールが届く。盗まれた生物兵器を秘密裏に探すよう命じられた、しがない研究主任の栗林は、何の手がかりのない中で捜索を始めるが、そこに「犯人死亡」の報せが届く。犯人の遺品から、生物兵器の所在のわずかな糸口をつかんだ栗林は、ヒントとして浮かび上がった「日本最大級のスキー場」へと向かうが…

東野圭吾による原作は、
2013年11月に文庫書き下ろしで発刊、
発売10日で100万部を突破。
監督は、
「サラリーマンNEO」「あまちゃん」等の
NHK人気番組の演出で知られる吉田照幸氏。

吉田照幸氏と言えば、
“お笑い”ひと筋だったのが、
「あまちゃん」で本格的にドラマに進出した監督。
僕としては、
以前、放送ライブラリーで開催された
「あまちゃん」の公開セミナーでの、
“お笑い”出身者らしい、
ほどよく力の抜けた飄々とした佇まいが
とても印象的でした。

<「あまちゃん」公開セミナーの記事は⇒ コチラ

今作も、そんな吉田監督らしい、
ユーモアたっぷりの娯楽活劇。

ほとんどのシーンが雪山で展開し、
阿部寛大倉忠義大島優子
俳優陣にとっても、
またスタッフにとっても、
撮影はかなり過酷だったと思われます。

そんな苦労を感じさせないライトな味わいの
疾走感のあるアクション・コメディ!



640_convert_20161122231426.jpg


 

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画