FC2ブログ
エンタメで行こう。
映画・演劇・テレビドラマ・サスペンス小説・・・、グッとくるエンタテインメントを追い求めて。
プロフィール

kiyo-now@エンタメ情報

Author:kiyo-now@エンタメ情報
長年の間、ドラマをつくる仕事をしていました。
現在は、番組を支援する仕事をしています。
関心事は、ドラマ、映画、演劇、小説など、
エンタテインメント全般です。



最新記事



カテゴリ



アクセスカウンター



アクセス解析

ガソリンが値引き



フリーエリア



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



フリーエリア



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



大竹しのぶ主演、舞台「ピアフ」 渾身の熱唱で演じ切るエディット・ピアフの生涯
大竹しのぶ主演、舞台「ピアフ」を観ました。

FullSizeRender_convert_20160302094431.jpg


作:パム・ジェムス
演出:栗山民也
出演:大竹しのぶ 梅沢昌代 彩輝なお 伊礼彼方
    碓井将大 川久保拓司 大田翔
    津田英佑 横田栄司 辻萬長

(東京公演 2016/2/7~3/13 @日比谷シアタークリエ)

2008年ロンドン初演。
日本では、2011年初演、今回が3演目。

シャンソンの女王エディット・ピアフ
若き日から晩年までの生涯を
大竹しのぶが演じる。

エディット・ピアフが憑依したかのような
大竹しのぶの演技が素晴らしい!
美輪明宏が観にきて
ピアフがそこにいたわよ
と言ったというのも納得。

さらに劇中、ピアフの人生にシンクロするように、
バラ色の人生」「愛の讃歌」など
ピアフの代表曲14曲を歌う、
その歌声が心を揺さぶります。。

ミュージカルにあるような、
ストーリーを語るための歌ではなく、
ピアフが生きて歌っていると感じさせる歌。

劇中ピアフの言葉として語られる
あたしが歌うときは、あたしを出すんだ、
全部まるごと

というセリフそのままの、
ピアフの生きざま、
そして女優・大竹しのぶの生きざまを
まるごと叩きつけるようなその迫力!

ピアフと言えば
映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」(2007年)で
ピアフになりきったマリオン・コティヤール
名演も印象的でした。

映画_convert_20160302132855
          映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌

あの映画では、
歌声は実際のピアフの声を使用していたとのこと。

その点、歌も含めてピアフを丸ごと演じ切る
大竹しのぶは凄い!

piaf_02_convert_20160302132912.jpg


関連記事
スポンサーサイト



 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://kiyonow.blog.fc2.com/tb.php/433-c5c951d0