エンタメで行こう。
映画・演劇・テレビドラマ・サスペンス小説・・・、グッとくるエンタテインメントを追い求めて。
プロフィール

kiyo-now@エンタメ情報

Author:kiyo-now@エンタメ情報
長年の間、ドラマをつくる仕事をしていました。
現在は、番組を支援する仕事をしています。
関心事は、ドラマ、映画、演劇、小説など、
エンタテインメント全般です。



最新記事



カテゴリ



アクセスカウンター



アクセス解析

ガソリンが値引き



フリーエリア



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



フリーエリア



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


井上芳雄&ともさかりえ主演、 舞台「1984」 今こそタイムリーなジョージ・オーウェルの世界
舞台「1984」を観ました。

(2018/4/12~5/13 @新国立劇場 小劇場)


1984_convert_20180502194833.jpg

【原作】ジョージ・オーウェル
【脚本】ロバート・アイク ダンカン・マクミラン
【演出】小川絵梨子
【出演】 井上芳雄 ともさかりえ 
森下能幸 宮地雅子 山口翔悟 神農直隆 他


【あらすじ】1984年。1950年代に発生した核戦争によって、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国により分割統治されており、その3国間で絶え間なく戦争が繰り返されていた。オセアニアでは思想、言語、結婚等全てが統制され、市民は”ビッグブラザー”を頂点とする党によって、常に全ての行動が監視されていた。
真実省の役人、ウィンストンは、ノートに自分の考えを書いて整理するという、発覚すれば死刑となる行為に手を染め、やがて党への不信感をつのらせ、同じ考えを持ったジュリアと行動をともにするようになる。ある日、彼は、高級官僚オブライエンと出会い、現体制に疑問を持っていることを告白する。すると反政府地下組織を指揮しているゴールドスタインが書いたとされる禁書を渡され、体制の裏側を知るようになる・・・

すべてが監視・統制されている社会で、
文書改ざんを仕事とする主人公(井上芳雄)と、
その恋人(ともさかりえ)の運命は…⁉︎

ジョージ・オーウェルの原作は、
昨年2017年、
トランプ大統領出現後の状況と重なるということで、
アメリカでベストセラーになったとのことですが、
今、あまりにも身近に感じられて
恐ろしくタイムリー!

劇中の独裁者ビッグ・ブラザーの
スローガンが心にリフレインし続けます…

“ビッグ・ブラザーは見ている!”



関連記事
スポンサーサイト
 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://kiyonow.blog.fc2.com/tb.php/552-fff270dd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。